ハート事業協同組合|外国人技能実習生受け入れ・紹介|長崎県佐世保市|

外国人技能実習生(介護事業)の受け入れと監理、サポートはおまかせください。

トップイメージ

ホーム ≫

ハート事業協同組合の説明

ハート事業協同組合の説明

ハート事業協同組合は、介護事業を経営する団体のサポートをするために作られた組合です。
法令を遵守して企業様と技能実習生双方が安心できる環境づくりをサポートいたします。

外国人技能実習生とは?

外国人技能実習生とは?

外国の方が日本の企業で働くことにより日本の高い技術を身につけ、その国の発展を担う人材を育てることを目的をとして創設された国際協力のための制度です。
来日して企業で働き介護の技術を磨く事により、実体験として学ぶことが出来る制度で技能実習生達とその母国にとって非常に有益な制度となっています。
入国した実習生は、実習実施機関(受入企業様)と雇用契約を結び、実践的な能力を高めるために3~5年間の技能実習に入ります。

ハート事業協同組合の強み

技能実習生の適正監理

当組合は、介護事業者のみで運営している組合です

適正な費用と充実した監理、サポート体制にて運営しておりますので、他組合と比較検討してご連絡願います。

技能実習生導入に当たりさまざまな不安を感じる企業様が多いようです。

  1. 外国人の雇用経験が無いので不安
  2. 言葉や生活習慣の違いでコミュニケーションが難しいのでは?
  3. 途中帰国や失踪は?

ハート事業協同組合は、海外で日本語教室と協力、提携しながら技能実習生の受入れと監理を行っております。日本語教室で勉強している頃から生徒の人となりを把握しておりますのでサポートをしやすく、また日本語教室の頃からお互いに顔を知っているので信頼されやすいという特長があります。
また、就業先で適正に給与や労務などを管理していれば本来、問題は発生しにくいのです。ですが初めての外国人雇用に戸惑う企業様もいらっしゃる可能性もありますので、それは当組合にその都度ご相談いただければサポートさせていただきます。

ハート事業協同組合が技能実習生に信頼されているのには理由があります

監理団体を選ぶには、技能実習生から信頼されている監理団体を選ぶことが重要です

監理団体はどこでも良いというものではありません。

  1. コンプライアンスを重視しているのか
  2. 適正に監理しているのか
  3. 費用は適正か
  4. 技能実習生から信頼されているか

企業様と実習生の双方が安心できる監理団体を選んでください。
企業様は技能実習生を雇用するにあたって、雇用条件書や実習計画書を作成し、それに従って実習すれば良いだけです。ですが外国人の雇用に不慣れだったり生活習慣の違いなどからなんらかの問題が発生しないとは限りません。ですが問題が起きたらそれに対処して問題を解決すれば良いだけの話です。
これは当然日本人でも同じこと。技能実習生の場合には企業様と当組合が協力して問題に対処して解決すればよいのです。今後の日本の介護現場では外国人が増えていくことが予想されます。その為にも今から外国人を雇用して企業としても今後の安定した介護施設運営を考えていくことは必要です。

ハート事業協同組合は、法令を遵守して企業様と技能実習生双方が安心できる環境づくりをサポートいたします。

新着一覧

ハート事業協同組合
長崎本部 〒857-0413 長崎県佐世保市小佐々町楠泊695
電話 0120-232-810
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
東京連絡事務所 〒108-0023東京都港区芝浦3-11-8 ミナトヤビル502
電話 0120-232-810
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
組合概要